あいさつ

はじめまして、そしてこんにちは。
わたしが『かとう絵画・造形教室』の代表、加藤勇です。
教室では〈いさむ先生〉と呼んでください。
ヒゲなんか生やしてますけど、優しい先生ですから
どうぞご心配なく!

facephoto01

お父さん、お母さんへ

これは遥かな遠い遠い昔のことで、今から約四十年近く前の話です。
私が幼稚園に入ってすぐの頃、たまたま近所に絵画教室がオープンしました。
ウルトラマンや怪獣の絵を描いては部屋中の壁という壁に飾っていたような子供で、物心ついた時からとにかく絵を描くことが大好きだった私は、親にせがんでこの教室に飛び込みました。ここで私は沢山の絵を夢中になって描き、様々な経験を積みました。
当時、美大を卒業したばかりの若い先生方から聞く、初めて聞く芸術家の名前やその作品のこと、それに美術大学の様子や漫画の話など、絵や美術に関する話のすべてが、幼な心に強烈な印象を残し、沢山の刺激を与えてくれました。
だからといって、私は、毎週おとなしく教室に通っていた優等生だったわけでは決してありません。どちらかと言えば活動的で騒がしい部類の、いわゆるガキ大将だった私は、気乗りがせずにサボった日もあれば、友達と遊びたくて教室をうとましいと思ったことが何度もありました。
それでもあの頃、絵を描いた様々な時間の中には、現在の私の原型となる「私そのもの」がたっぷりと詰まっています。
そして、何かにうまくいかなかったり、失敗をして気持ちが凹んだ時でも、いつでも絵を描き続けてきたことが、この私を支えてくれたのです。
あの時間の存在を感じることで、私は常に自分自身を見失うことなく、その居場所を確認することができました。また、あの経験こそが、自分自身への信頼を持ち続け、困難を乗り越える為の原動力となったのです。
同じような思いを、教室にきた子供さんたちにも感じてもらえるように、私も更に精進しがんばりたいと思っています。
さあ、みんなで一緒に楽しい時間を作りましょう。

かとう絵画造形教室代表 加藤勇

Return to page top